人に感謝されたい気持ち

他人に対するフラストレーションで大きいと思うもののもう1つは、自分に感謝してほしいという思いだ。

これも我執の1つだ。

 

自分はこれをやったんだ、これだけやってやってる、感謝されて当然だ、感謝されるべきだ、そう思っているのに、思ったように感謝されない。

それがフラストレーションになる。

 

だいたいにおいて、人間関係で、「自分は相手にこれもこれもこれもやってやってるのに、相手はきちんと感謝してこない」とお互いに思い出したらもうだめだ。だめだっていうのは言い過ぎかもしれないけど、悪循環になっていくだけだ。

なぜなら、だいたい人はみんなこんな風に思っているからだ。

自分はやっている、と。

 

自分の感覚では信じられないかもしれないけど、自分ばっかりやってあげてると思っているその相手も、実は同じように思っていて、しかも、わりと誰もが自分がやってもらっていることはなかなか認識できない。

お互いが、相手はこれをしてくれてる、これをしてくれてる、ありがとうと思っている関係はうまくいくけど、自分がやっていることばっかりに目が向きだしたらもう危ない。

 

だいたい、他人はこっちのやってることになんかそんなにつぶさに目を向けてくれない。みんな自分に向ける注意がまず第一なんだから。

そんな中で、自分のやってることを自分の思ってるぶんだけ認めてもらおう、感謝してもらおうなんてことが、そもそも無理な相談なのだ。

無理な相談を、当然のこととして期待するから、思った通りの報酬が得られなくて不満がたまるのだ。

 

感謝されようと思って何かをしてはいけない。

いけないというより、しないほうがいい。そういう思いは無駄に終わることが多いのだから。

すがすがしく行動できているときは、はなから感謝されるべきだ自分はなどと思っていない、そんなことにこだわっていない時だ。

自分の行い、感謝されるべき自分、そういう我執に囚われていると苦しくなっていく。誰も分かってくれない。

分かってもらう必要などない。

やらなきゃいけないことがあったら、いちいち感謝を期待してやらないほうがいい。やらなきゃいけないことを自分がやっているのには変わりなくても、感謝を期待してやらないだけでずいぶん楽になる。そういうものだと思ってやって、それに慣れていけばいいのだ。

まわりが自分に感謝するのが当然だと思うから苦しくなるのだ。

別にそういうのはないのが当たり前というか、人間ってのはそういうもんなんだと思っていれば、いちいち嫌な不満ばかりためこまなくてすむようになる。

というか、翻ってみれば自分だってそんなに日常の中で周りの人にいちいち感謝してまわって生きてない。いろいろなことを当たり前だと思って生きている。意識的にみないと見落としていることばかりだ。

そういうものなのだ。

 

不満とフラストレーションでむしゃくしゃしているときは、感謝されたい見返りが欲しいという思いでいっぱいになっていたりする。

捨ててしまおう。

そんなのどうでもいいことじゃないか。

やるべきことをやったらいい。

いちいち自分の心を満たすことを他人に頼るのはやめよう。

 

別に自分がどう思われてもいいじゃないか。