メタファーとしてのブログ

思考を書き出すことの効用というのはよく言われる。日記を書くことの意味として言われたり、ストレスや悩みの対処法として言われたりする。

 

頭の中に留めておくのではなく、書いて外に出すことで頭や思考が整理される、というような話だ。

朝のゴミ出しのように、頭の中も軽くする。

 

私も日記を書く。

日記を書くことにおいてはこういう効用はあまり感じないけれども(毎日そんなにきちんと考えを書き出すことをしていたら、日記は続かない。ただ一日の事実を書き連ねて終わりという日もざらにある)、たまに書くこういうブログでは確かに実感するときがある。

 

ブログ書こうと思って書くのではなく、何となく、ああこれ書いて形にしておこう、吐き出しておこうと思って何か書くと、そこからまたもう一つ、もう一つと、するすると書きつけることが出てきてエントリーを書くことになる。

そうすると、確かに何か頭の中が軽くなった気になる。

 

実際にはどうなのかは知らないけれども、事実頭の中から何かを文章にして出している。こういうメタファーの力はなかなか馬鹿にできない。

 

メタファーとしてのブログというわけなのです。