人間のイライラ

人のイライラとは、8割は待たされることへのイライラだ。

というようなことを、松本人志さんが言っていたと聞いたことがある。

なるほどなと思った。

確かにそういうものかもしれない。

 

でもそれに加えて、人から感謝されないことへのイライラも、かなり大きいのではないかという気がする。

感謝されないとは、言い換えれば、思ったように報われない、ということでもある。

 

何かを待っても、何かの労を取ったとしても、それに対して誰かが感謝してくれたなら、人はわりと大丈夫なんじゃないだろうか。

 

畢竟、待ってイライラするのは、思い通りにならないからだ。

自分が労を取ったのに報われない、見返りがなくてイライラするのも、やはり思い通りにならないからだ。

思い通りに見返りがあるなら、人はイライラしない。

そして見返りにも色々な種類があるけれども、人は人との関係の中で生きているから、やっぱり人からの見返り、つまり感謝してもらえるかとか、ねぎらってもらえるかとか、そういう感情面で報われるかというのは、とても大きいと思う。

 

要するに、やっぱり「思い通り」になるかなんだよな、人のイライラというのは。

自分の「思い通り」を捨てよ、というのが禅だったんだ。

はぁイライラしてるなぁと思うとき、こんなことを考えて思い出すと、自分はまだまだだなぁと思います。