ピッチャー、しなちくに代わりまして、メンマ。

メンマって美味しいですよね。

私は小さい頃から好きでメンマが入っていなければラーメンじゃないというくらいに思っていました。というのも今ラーメンを作ってメンマを食べているからなんですけどね(投稿時間は別になると思いますが)。

 

ところがメンマって別の名前もあったよな、どう違うんだろうという風に思いまして、これはずっとぼんやりと思ってきたことなんですね。

そうだ、調べてこの話を後日人にしよう、とはならないけど、そうだ、ちょっと調べてブログにでも書くか、とはなりますね。

これもブログの効用、なかんずくどうでもよい内容を躊躇なく書いていこうという心持ちでブログをつくっているおかげでしょう。

役に立たないブログにもなかなか少しは役に立つこともあるものです。

 

調べてみると(といってもググってトップページに出てくるサイトやwikipediaをみただけの情報ですが)、同じ疑問を持つ人は多いらしく、単純明快にどこでも書かれています。

「しなちく」は昔の名前で、「メンマ」が今の名前。

しなちくは「シナ」が中国の別称ということで使わない流れとなり、ある日本の会社がラーメンの上にのせる麻竹(マチク)ということで「メンマ」の名前を考案したのだそう。

へえそうだったのか。

 

しかし、いくつかのサイトでも書かれていて、当然の疑問として出てくるのだけれど、「支那そば」や「東シナ海」というのはどうなるんでしょうね。

これは私もずっと思っていて、よく分からないんですね。

 

だって「支那そば」や「東シナ海」のほうが、よっぽど直截的に中国とイメージが結びつくでしょう。

少なくとも私は今まで「しなちく」の「しな」を中国のことだと思って意識したことなんてなかったものなぁ。

まあ、私が鈍感なだけかもしれませんがね。

しかしそうするとその鈍感な私でもひっかかるような「支那そば」や「東シナ海」がいまだに大手を振ってそのへんを歩いているのでは、「しなちく」も少し気の毒になります。

 

それにしてもメンマというのは、ラーメン以外ではお目にかかりません。

せいぜいラーメン屋のサイドメニューとか、お酒のアテとして単品であるくらいで、料理の中で使われているイメージはわきません。

ラーメンピンポイントというか。

 

ピンポイントリリーフで出てくるピッチャーとか、送りバントのときだけ代打で出てくるバッターとか、そういう感じがしますね。

これからもぜひ頑張ってほしいものです。

 よく分からない結論ですけれども。

桃屋 穂先メンマやわらぎお徳用 210g

桃屋 穂先メンマやわらぎお徳用 210g