ちょっとしたやりとり

やっぱりうまくいかなかった時は、誰かにそれを話すのが一番だと思う。

そんな大げさな相談じゃなくても、ちょっと軽めに愚痴をこぼすのでも冗談にするのでもいい。ちょっとのやりとりであっても、誰かに聞いてもらうだけで少し楽になれる。

簡単なやりとりを明るくしてくれた人がいて、ありがたいなと思ってそう感じた。

 

それはやっぱり、失敗した時はまわりの人に悪く思われてるんじゃないか、自分は受け入れられていないんじゃないかと思うからなのだろう。

だから誰かが自分の話を聞いてくれて、自分を受け入れてくれてる人もいるんだ、自分も受け入れられているんだと感じられると、安心するし少し元気になれる。気持ちにも少し余裕が出る。

 

それから、失敗を分析したり反省したり、悔しさと向き合ったりして、また頑張ろうと思えばいいんじゃないだろうか。

 

たぶんそういう順番なんだろう。

もっと強い人もいるのかもしれないけど、自分にはこれくらいがちょうどいいみたいだ。