『夜と霧』(ヴィクトール・E・フランクル)書評

 

高校生の自分に読ませたい本

お題「高校生の自分に読ませたい本」

 

お題に従い選ぶなら、この一冊でした。

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

ホロコーストから生還したユダヤ人精神医学者による世界的名著。もはや説明の必要もないほどの本かもしれませんが、やはり高校生の自分に紹介するなら、この人類史に残る一冊かなと思いました。

人生を考える上で、この世界を考える上で、一生のうちで一度は読むべき価値のある本です。

 

『夜と霧』について

本書は筆者であるフランクルの、実際の強制収容所での体験を通して、人間とは何か、生きる意味とは何かを描きます。

 

大切なのは、ナチズム批判を問題としたのではなく、「人間」というものを問うた著書であるということ。


フランクルはこの本を、極力自分の主観を排し、冷静に書いています。そして、強制収容所がいかに不条理なものかということではなく、そこで人々がどのように動き、生きたかということに焦点が当てられています。

心理学者という立場から、精神医学を対象とし、できるだけ普遍性を持たせようとしたものが『夜と霧』です。

たしかに、収容所のひどい現実は書かれています。しかしそれはそこでの人間の精神の動きや行動を明らかにするためであって、強制収容所の悲惨さを訴えたり、ユダヤ人迫害を糾弾する目的で書かれているわけではありません。

その意味で、単に歴史的な出来事について学ぶ本なのではなく、今私たちがどう生きるかについても深い洞察を与えてくれる一冊です。

 

人が尊厳を失うとき

ナチスのユダヤ人強制収容所では、大半の人間は到着してまもなく殺害され、残った人間が収容されます。そこでは人間の尊厳はすべて否定されます。被収容者の名前はまったく意味をなさず、すべて番号によって識別される。

 大多数の被収容者は、言うまでもなく、劣等感にさいなまれていた。それぞれが、かつては『なにほどかの者』だったし、すくなくともそう信じていた。ところが今ここでは、文字通りまるで番号でしかないかのように扱われる。

一人の人間の運命、歴史、名前、といったものが全て奪われたとき、人はアイデンティティを見失うとフランクルは言います。
そして被収容者は、なりゆきにまかせて堕落していきました。


フランクルによれば、全てを奪われ、明日の命も知れず虫けらのように扱われる状況下では、人間の精神生活全般は幼稚なレベルに落ち込みました。つまり芸術等といったあらゆる高次元な関心はなくなり、ただ生きる、生きしのぐという、最も原始的な本能だけに神経が集中されることになります。
そして、人間らしい心が閉ざされます。いかに生き延びるか、ということに役立たない、いっさいのことはどうでもよくなります。

結果的に、あらゆる他人の悲惨はどうでもいいという徹底した非情があたりまえとなります。

病気の人間が殴り倒されていても無関心で無感覚。苦しんでも無関心。死人が出れば衣服を強奪する。
こうして大半のユダヤ人は身体的にも、そして精神的にも破綻して死んでいきました。

 

尊厳を失わなかった人の持っていた「生きる意味」

しかし、それでもなお、人間としての尊厳を失わなかった人たちがいました。われわれはその姿から、ある重要なことを読み取ることができます。

それが、生きる意味ということです。
生きるために何かのよりどころを持つ、ということがいかに重要かということです。
フランクルのこの著書が伝えるのは、生きる力に果たす、生きる意味の重要さです。

 ひとつは、「愛」というものの果たす役割です。著者はどこかにいる妻を思い浮かべることで自分をつないでいます。その人がまだ生きているか、いないかは問題ではなく、愛する妻の精神的な存在が重要だったとフランクルは言います。
 
 そして2つ目が、「希望」の果たす役割です。強制収容所においては、むろん大半のユダヤ人は収容所についてまもなく殺害されていますが、残った被収容者にとって、もっとも重く心にのしかかってくるのは、強制収容所での生活がいつまで続くのかまるで分からないことでした。

要するに、強制収容所では未来がない。そのために目的を持って生きることができない。

そうして、人間として破綻した人々は、自分の過去ばかりを追憶することになったといいます。
「未来なんてない」「目的なんてない」という絶対的未来喪失感の前で、過去の生活にしがみついて心を閉ざしていたほうが得策だと考えるわけです。
しかし、心を閉ざして過去とだけ向き合うことは、現在も未来もまるごと無価値なものに貶めてしまいます。
自分の未来をもはや信じることができなかったものは、未来とともに精神的なよりどころを失い、生きるよりどころを失った人は、あっという間に崩れていったといいます。
フランクルは次のように訴えます。


未来を見据えることが重要だ。そこが強制収容所であってもなお、なんとか未来に、未来の目的にふたたび目を向けることに意を用い、精神的に励ますことが有力な手立てである。

 

ある自殺願望を口にしていた男性は、外国で自分の帰りを待つ大切な子供の存在を持っていたことで生きる力をとりもどしたといいます。

また別の研究者だった男性は、未完成の仕事が残っていたことで自殺を思いとどまったといいます。
フランクルがこのふたりに伝えたこととは、すなわち、生きていれば、未来に彼らを待ってくれているなにかがある、ということです。

自分を待っている仕事や愛する人間に対する責任を自覚した人間は、生きることから降りられないとフランクルはいいます。

いま強制収容所の中にあっても、自分には愛する人間がいる、また、未来には、自分を必要としてくれている人がいること、自分に価値が生まれる仕事があることによって生きる力が生まれたわけです。
自分が生きなければならない意味、価値をみつけたことが、生きるよりどころとなり、命をつないでいます。

 

生への問いを180度転換すること

がんばり抜く意思を見失った被収容者たちはきまって「生きていることにもうなんにも期待がもてない」と言ったといいます。
しかし、フランクルの言うとおり、またこれらの例が示すとおり、生きる意味についての問いを百八十度転換することです。

つまり、生きていることになにも期待できない、というように、生きていることに対して何かを期待するのではない。そうではなく、生きていることによって自分が何を期待されているか、ということです。

それは自分を必要としている誰かかもしれないし、仕事かもしれません。それが自分の生きる意味であるということです。

日々、そして時々刻々と問われ、それに対して行動によって、また態度によって答えていくことが、生きることであるとフランクルは言います。

自分の生きる意味に刻々と答えていく限りにおいて、生きること自体に、いつも意味があります。

おおかたの被収容者は、もし自分が生き延びられないのであれば、結局生きて収容所から出ることができないのであれば、いまのこの苦しみにはなんの意味もない、と言ったといいます。

しかしフランクルの意見は逆です。

つまり、自分が期待されている生きる意味に行動で答えることにこそ意味があり、そのために、今のこの強制収容所での苦しみにも意味がある、今生きることそのことに意味があるということです。

フランクルはこのように、生きる意味を理解し、生きるよりどころをもっていました。そして生還しました。

運が良かったといって片付けてしまうのは簡単ですが、そうではなく、この著者は強制収容所から生還する理由をもっていたということです。

そして極限状態の中でフランクルが見出したこの洞察は、今を生きる私たちにも意味を持っているはずです。

本書でフランクル自身の言葉を読むことで、きっと私たちは少しこの世界への見方を変えることができるでしょう。

 

旧版と新版

最後に翻訳について。

本書には日本語訳の旧版と新版があります。

どちらもみすず書房から出ていますが、私は池田香代子さん訳の新版をおすすめします。

両方購入して読みましたが、やはり新版の方が自然に入ってくる日本語になっていて、より内容に共感することができました。旧版の方が格式高いという意見もありますが、個人的にはやや堅すぎて読みづらさを感じます。ほとんどの人にとっては読みやすいのは間違いなく新版です。

旧版も新版も訳としては間違いのない素晴らしい質です。ですから、このような重い本については、日本語自体を読むというところは極力ハードルのない状態にして、内容に集中するほうが良いのではないかと私は思います。

人類史に残るこの一冊。

ぜひ一度、読んでみてください。