人と比べてはいけない

人の苦しさの大部分は人と比べることからくると思う。

たとえばブログでいえば、書いたら誰かが読みに来てくれる、読者登録してくれる人がいる、それだけで本当は十分ありがたいはずなのに、より多くのPV、より多くのはてブ、より多くの読者登録を持つブログを見るともやっとしてしまう。

これはもったいない。

人と比べるから自分の持っているものがしょぼく見える。それ自体は十分楽しめるものであるかもしれないのに、自分で勝手に貶めてしまっている。

 

これは、人生そのものとも同じなのではないか、とブログを通じた人生論をモットーとするこのブログは考えます(嘘ですそんなモットーはありません)。

とにかく、私たちは相対的にばかり考えてしまう。そうだとすれば、ここからちょっとでも自由になれればまた違ったものの見え方ができるはずです。

 

禅は「今ここ」を生きよと言います。

今ここでブログを書き、楽しむときには、他のあのブログには読者登録が何百何千人いるとかいうことは全然関係ない。どこかのブログに読者が何千人いることは、何ら私が今ここで書くことを貶めるものではない。

それはそれ、これはこれ。

私は今ここにあるブログを楽しめばいい。

それが自分の人生を楽しむということなのではないでしょうか。

 

ブログを書きながら、そんなことを愚考するのであります。