ブログのコメントについて(あるいは、軽いジャブを打つことについて)

ブログにおいては、軽いジャブを入れていくことも大切だと思います。

軽いジャブどころか、このブログでは全然内容のない空振りをこそ次々と繰り出しているわけなのですが、気にしない気にしない。

全部をうまくやろうなんて疲れるだけですからね。

色んなエントリーがあっていいんですよ。

失敗しようと思って書く必要はないけれども、そのときそのとき色んな角度で好きにエントリーを繰り出して、結果的には何か変だったなとか、いまいちだったなとか、正直内容なかったなとかいう風になってもいい。

それはそれでいいんです。そのときにはそういう風に書いたんだから、それでいいんです。

というのも、私はブログは単体のエントリーではなく連続性の中にこそあると思っているからです。単発単発の個々のエントリーがブログの雰囲気を作るのではない。それが連なっていって自然とたちあがってくるものがそのブログの雰囲気であり、まあ、ブログそのものですよね。

今日はだめでも、明日はくるんだから。

その今日はだめでも明日はくるとか、毎日だめでもぼちぼちやってるとか、それ自体がブログの味になるんだ。

だから、失敗したエントリーがあったりどうでもいいエントリーがあったりしてもいい。それを冒頭で軽いジャブと呼んだわけです。本当は書いてるうちに思いついてこう繋げただけなんだけど。

 

それと、あんまりコントロールしようとしないほうがいいとも思う。もう書いちゃったことは書いちゃったことなんだし、それを後から見てあれこれいじったりとか、もっと良く見せたいとかもっとこうした方がうけるんじゃないかとか、そんな風にコントロールしないほうがいい。

だってどういじろうが、それが実際どう読まれるかとか、どういう風にほかの人の目に映るかとかは、こっちからはどの道コントロールできないんだから。だから別に何もしなくたっていいんです。一緒なんだから。

色んな読み方がなされ、色んな受け取り方がなされ、色んな意味が生まれる。それがいいんであって、それはもうこちらのコントロール外にあるわけだから、好き勝手にやってもらえればいいわけです。

もう手を離しちゃうということですね。実際、それは手を離れたところにあるんですから。

 

このブログがコメント欄をつくっていないのは、そのためです。思ったこととか言いたいことは、好きにやっていただいたらいい。ただそれは良くも悪くもその方々の問題であってこのブログそのものとは少し別の話なので、少し別のところでやってくださいということです。私は私で好きなことを書くだけなので。

だからはてブコメントというのはちょうど良いところにあると思います。このブログ上にコメントはないけれど、はてブを開くと、そっちにはコメントがある。このブログ自体とは少し別のところにそういう場所がある。良い距離感です。そして私は基本的に特に返事みたいなことはしてません。何というか、そこはもう私の場所ではないし、私もそこではただの一読者なのです。勝手に書かれたことを、勝手に読んでいる。だから「返信」とかいう言葉自体があまり妥当ではないというか。

こう書いてみると、ただ私が身勝手なだけみたいですね。

でも、実感としてはこういう感じです。私はやはり冷たい人間なのかもしれません。

でも要するに、私も勝手に書くし、みなさんも勝手に書く。シンプルにそれだけでいいじゃないかということです。

 

しかしながら、ぐるっとまわって冒頭の軽いジャブの話に戻ると、まあそれ以外の時もいつもそうなのですが、このブログにつけてくださったはてブコメントはきちんと全部読んでいます。それも結構楽しく拝読しております。それで、ほうほうとかほくほくとか色々思ったり感謝したりしているのです。

特に、これは軽いジャブっていうかかなりしょうもないエントリーだったなぁと思うときに、丁寧にコメントなどくださっている方がいると、本当にありがたなぁと思って心の中で合掌したりもしています。返信してないけど、ちゃんと読んでます。ありがとうございます。なんだか、救われた気持ちになるのです。

それはもう、たとえ軽いコメントであっても、私にとってはとても温かい意味を持つわけです。

だからこそブログエントリーも、時にはそういう意味を持つかもしれないのだから、軽いジャブを打っても良い、それも大切だと、こういう結論になるわけです。