発音に注意したいカタカナ英語(和製英語)一覧【アイウエオ順】

スポンサーリンク

   

 

 

まず前提として、英語はカタカナ発音でもいい

 私は、英語を話すときには多少カタカナ発音であったとしても構わないと思っています。個々の発音よりも、フレンドリーさの方がよっぽど重要な英語力です。英語圏、特に北米ではフレンドリーさこそが相手への気づかいであり、発音以前にまずそれが大切だからです。発音を気にして萎縮しているのでは、その時点で総合的な英語力は低いと言わざるを得ません。コミュニケーションがとれないからです。

カタカナ発音だろうがまずどんどんフレンドリーに言葉を交わせる、精度を上げるのはその後で十分です。ですから、前提として開き直って、あまり発音を気にしすぎないことが大切です。特に日本人は発音を気にする人が多いので、まずこの心構えが大切です。

  

とはいっても、本当に通じない語がある

 そうは言っても、マクドナルドが「メクダーナル」(Macdonald's)となるように、英語にはカタカナ英語とはかなり発音の異なる語があります。

よく言われるrice(お米)とlice(シラミ)くらいなら、rとlの音が違ってもだいたい文脈で分かってもらえます。普通に考えてレストランで「ライス」と言われてシラミを出してくる店はあり得ないからです。

ただ、読み方がかなり異なる場合には、文脈があっても本当に通じません。

 

私の経験

私の経験では、初めて北米でパンを買ったとき、クロワッサンが通じませんでした。クロワッサン、クロワッサーン、などと色々言いなおしてみましたが非常に時間がかかりました。正しくは「クロイサーン」です。この音なら、カタカナ読みで「クロイサーン」と言っても通じます。

 

逆の経験もあって、日本語が話せるアメリカ人から「日本ではリョーカンが一番良かった」と言われたときは何度か聞き返さないと分かりませんでした。食べ物のヨウカンを言い間違えているのかな、まさか禅僧の良寛じゃないだろうし、などと考えてしまって、それが「旅館」のことを指しているとすぐにピンとこなかったのです。特に英語話者は日本語を発音するとき、音を伸ばしてしまう傾向があります。それだけの違いなのですが、意外と本当に混乱するものだと実感しました。

 

ちょっと知っておけば通じるカタカナ発音一覧

カタカナ英語も同じで、「マクドナルド」「クロワッサン」と言われても、たとえ文脈があっても本当に英語話者は分からないのだと思います。でもこういう語は、ちょっと正しい音を知っておけば、カタカナ読みでも通じるようになります。

そこでよくありそうな例を一覧(アイウエオ順)にまとめましたので皆様のご高覧に供します。

カタカナ発音のままではかなり危うい語もありますので、それぞれ簡単な解説もつけました。発音は全くそのままではありませんが、あくまで近そうなカタカナで表現しています。

何かの折にお役に立てば幸いです。

 

f:id:zen-nezumi:20171012203138p:image

 

【目次】

  

ア行

アンチ → アンタイ (anti)

アルコール → アルコホール (alcohol)

アレルギー → アラジ― (allergy)

イケア → アイキア (IKEA)

ウィルス → ヴァイルス (virus)

エネルギー → エナジー (energy)

エネルギッシュ → エナジェティック (energetic) (エネルギッシュは和製英語で、英語では「エナジェティック(energetic)」という形容詞になります)

f:id:zen-nezumi:20171012203831p:image

 

カ行

カオス → ケイオス (chaos)

カルピス → カルピコ (Calpico) (カルピスは”cow piss”「牛のおしっこ」に聞こえるため、北米での商品名はCalpico)

クロワッサン → クロイサーン (croissant)

コーヒー → カーフィー (coffee)

コック(料理人) → クック (cook) (コック”cock”には「おんどり」という意味もありますが、「おちん●ん」という俗語でもあり、要注意です。コックと言っても通じないので何度も言い直した結果、まわりを爆笑させたという嘘のような素敵な思い出が私にはあります。正しくは「クック」、または「シェフ(chef)」です。

ゴディバ → ゴダイヴァ (GODIVA)

 

 f:id:zen-nezumi:20171012203741p:image

 

サ行

シー(海) → スィー (sea) (シーは”she”「彼女」にしか聞こえません。「スィー」とするだけで正しい発音になります。同様に「見える」の”see”も「スィー」です)

シット・ダウン → スィット・ダウン (sit down) (シットは”shit”「うんこ(名詞)」「うんちをする(動詞)」「クソ!(という悔しい時の言葉)」になります。座るの”sit”は「スィット」)

ジャンル → ジョンラ または ジョンゥラ (genre)

シンク(考える、思う) → ティンク (think) (シンクと言われるとかなり分かりづらいです。”sink”「沈む」という語はありますがこれはやはり「スィンク」であり、音が違いますし、混乱します。thの音だけは頑張って、舌先を軽く上下の前歯で挟んで息を吐く発音にした方が良いです。難しいなら、「シ」と言うよりは「ティ」と言ってしまうほうがまだましです)

セーター → スウェター または スウェラー (sweater)

 

f:id:zen-nezumi:20171012203922p:image

 

タ行

テーマ → シーム (theme) (thは舌先を上下の前歯で軽く挟んで出す音なので、カタカナの「シ」とは実際には異なります。でもこの語は「ティーム」と言うと”team”「チーム」になってしまうし、やはりthの音だけは「正しく」発音するように頑張るしかありません)

ドル → ダラー (dollar)

 

 

ナ行

ニート → (someone who is not employed, educated or trained)(neetという語は一般的でないため、このように説明してしまうのが一番です。ニートは”neat”「きちんとしている」という形容詞に聞こえます)

 

f:id:zen-nezumi:20171012204207p:image

 

ハ行

ピーマン → グリーンペッパー (green pepper) または ベルペッパー(bell pepper) (ピーマンは”pee man”「おしっこ男」に聞こえますので言わないようにしましょう)

ビール →  ビアー (beer)

ポンプ → パンプ (pump)

 

 

マ行

マクドナルド → メクダーナル (Macdonald’s)

ワクチン → ヴァクスィーン (vaccine)

 

f:id:zen-nezumi:20171012204111p:image

 

おわりに

ちなみに、男性器は「ピーナス」という発音になり、予備知識がないと「ピーナッツ」のように聞こえます。でもピーナッツのことではありませんので驚かないようにしましょう。合わせて女性器は「ヴァジャイナ」という発音になります。

ちょっと知識をもっておくだけで使えますので、カタカナ語もうまく活用していきましょう!