揺れるシーラン界

日本で約160万人くらいの人は考えたことだと思いますが、今年に入ってからシーラン界が揺れています。

 

というのも、エド・シーランが爆発的ヒットを飛ばして一躍スターとなったからで、これに他のシーランたちからの羨望と嫉妬が渦巻いているのです。

 

ジョウモン・シーランやアスカ・シーランなどからは、古くからいる自分を差し置いて階段をかけのぼったエド・シーランへのルサンチマンが噴出し、カマクラ・シーラン、センゴク・シーランなどからは、なぜよりイケているはずの自分たちが売れないのかという、やはりどす黒いルサンチマンが垂れ流されています。

 

当然の流れとしてシーラン界では二匹目のドジョウを狙おうという動きが活発化しており、次に来るシーランは誰かで話題が持ちきりです。

そして今一番有力だとされているのが、この方。

ナラ・シーラン。

語数、語感といい、時代区分であり都市名でもあるという共通点といい、エド・シーランのあとを継ぐのは彼しかいないということで専門家の意見は一致しています。

 

ナラ・シーラン。

彼がどんなリリックを歌いあげてくれるのかに期待が集まっています。

 

プラス

プラス