バナナ男、このブログの秘密とPVについて語る。

 

このブログはね、PVのことは全然気にしてない。

いや全然っていうのは嘘だけど、あんまり気にしてない。

f:id:zen-nezumi:20170810212000p:plain

なぜかっていうと、今日このエントリーは9月14日に投稿されているわけなんですけれど、ここまでの記事は実は、いくつかを除いてほぼ全てがブログ開設から一週間以内に書かれたものなんですね。

今これを書いてるのが8月10日。一か月以上前です。

開設2日目のぶんから全部予約投稿なんですね。

 

だから、いちいちどんな記事を書いてPVがどうなったとか、読者の数がどうだとか、そういうことは考えてない。原理的に考えられないわけです。

もう勝手に更新されていってる。

だからもしかしたら、この記事が投稿されてる今日9月14日の時点では、とっくにブログなんか飽きて完全に放置している可能性もあるわけです。その可能性は原理的にある。

 

だって、一か月後のことなんか分かりませんからね。

 

遠くの星の光が何百万年か何千万年かの時間差で地球に届いて今見えるだけで、実際にはすでにその星は消えてなくなっているかもしれないというような感じで。

このブログを書いた私は、すでにこのブログから離れているかもしれない。

あるいはまだ(おそらくまたずっと先の)エントリーを今日も書き続けているかもしれない。

それは私にも分からないことです。誰だってそうであるはずです。一か月後に本当に自分が考えていることなんて、一か月前には分からないはずです。

 

このブログは、いつ何時急に途切れ、更新がストップするかも分からない。それは明日かもしれません。

そしてこれはまた、私たち自身の在り方と同型なんですね。

私たち自身にも、いつ終わりがやってくるかわからない。それは、明日かもしれない。

ブログはやはり人生なのだ。