ブログに積み下ろすっていうこと

今日も書くことについてなんですけども、なんかね、こう書いてるとほんとに書くことについてばっかり書くことになってちょっと申し訳ないんですけどね。もうすでにすもももももももものうちみたいな文になってるしね。

 

でもまあいいや、こうして流していく中でとらえられるものってあるから。何日か前のエントリーみたいに、連打していく中でヒットするみたいなね。

 

これは日記を書いて本当に感じていて、日記って基本的には特にはっきりした効用はないと思っているんだけど、たまに意味を感じることがあって。

でもそれって、ほとんど意味もないような日記をずっと淡々と書き続ける中で、ふとあるタイミングとか人生のある地点で、日記に書くことがすごく意味を持ったりするわけです。

それは毎日同じように机に座って文章を書くことがなかったらとらえられない、生まれないものだと思うんです。

その連続性の中からこそ出てくるものというか。

 

そういうことって、あると思う。

 

それから長く日記を書いているせいか、もともとの性分か、ふと何か湧いたり浮かんだりするとそれを書いておきたいと感じる。

別にあとで役立てようとかいうわけでもなくて、ただ書いて積み下ろすとすっきりするというかね。軽くなるというか。

また次の何かがそのおかげで浮かぶというか。

それでまた積み下ろして、また浮かんで。たまに文章で形にしておいたものが何か意味を持ったり、少し役に立ったりして。

そんな風にして進んでいくのかなと思ったりします。

 

日記は日記で個人的にやって、ここはまたそれとは違った形で、禅ねずみという屋号を掲げてやっていったら、自分にとって何かちょっと自由になれることもあるんじゃないかと思って。

そんな感じでブログをやってます。