やはり何となく書いていたい

無功徳、無功徳、と書いているけれど、やっぱり何となく書いてるのが一番だなと思う。

そのあたりのエントリーも無功徳について書くぞと思って腕まくりしたわけではなくて、何となくそういう感じになった。

まあそうじゃないと、きっちり書こうとするとうまく書けなくて嫌になるだけだと思うから。変に真面目になっちゃって書けなかったりとかね。

 

よくわかんないけど何となく書いてみたら、ああ自分でもこういうこと考えてたのか、ってちょっとはっきりするみたいな、そういうほうが楽しい。

 

昔から文章にして書かないと、自分が何考えてるのかよく分からないっていうところもあって。

 

やっぱり書く内容を探して書くより、なんとなく書いているほうが心地いいな。

それが一番なんだよね。