今日も無功徳

「功徳を求めてブログを書くべきではない」と、アドセンスで収益を求めるブログ上で書く。

私ははっきりとこのブログで小銭を稼ぎたいと公言しているわけですから、これはひどい二枚舌です。

 

でも、私はアドセンスでお金を求めて書いても良いと思う。

なぜなら、私は素直にブログでお小遣いが稼げるなら欲しいからです。

だから別にそこを偽る必要はない。そうすれば良い。

だって本当にそう思っているんだから。

それも禅です。

功徳に執着してはいけない、という考え方にも執着しない。別にしてもいいけど、する必要もない。

だから別に少しでも良いチーズが食べたいと公言してもいい。

 

しかし同時に、それだけが目的になってもやはりいけない。

儲かったらうれしいけど、儲からないならそれはそれでよい。

楽しく書くだけ、あるいは書ければそれでいいという部分も確かにある。

目的は確かにあるんだけど、でもそれにとらわれないという矛盾した振る舞いを同時にできるのが一番良いのです。

 

これは言い換えれば、全部がおまけということ。

ただ書くのが好きというのは確かにあるんですね。そっちに乗っかってみると、それでいくらかでもお金が入るなら、これは嬉しいおまけです。

他方では確かにブログでちょっとくらい良いチーズを食べたいというのはあります。そっちに軸足を置いてみると、その必要な手段である書くことそのものを楽しめるなら、これは良いおまけです。

 

全てが目的であり、同時に全てがおまけということ。

どれもが確かに目的なのです。しかし、どの目的にも別にこだわらない。なぜならどれもがおまけだからです。

 

全てが重要であり、かつ全てが別にどうであってもよい。

このブログはもちろん、なにごともそんな風に生きられたらいいんですけどね。