このブログ作るためにまずやったこと

備忘録も兼ねて、このブログを作る際にまずやったことを書いておきたい。

全てググって、人様のブログからご教示いただいたことばかりなのでほとんどリンクを貼るだけなんだけれど。

一つの記事にするのもおかしいくらいなのですが、まあ自分用のまとめということで。

 

 

ブログタイトル 

 

まずブログのタイトルはこちらからいただきました。

gattolibero.hatenablog.com

 

タイトルを「ふい字」というフォントに。

というか、このブログ自体、こちらの「自由ネコ」さんのブログを読んでふいに始めました。なんかいいなと思って。

そして自分がブログをやるなら、もともと禅が好きだったということもあって、じゃあ「禅ねずみ」だなと。

わりと安易ですね。つまりほとんど「自由ネコ」さんのパクリということが分かります。

いえ、こういうのを「私淑している」と言うのでしょう。パクリではなくて、私淑しているのです。

私淑というのは、勝手にすること。

自由ネコさん、本当にすみません。そしてありがとうございます。

知らないところでゴッド・ファーザー、みたいなね。

 

 

ブログデザイン

 

デザインも「自由ネコ」さんのシンプルな感じが良いと思って、他にもいろいろ見たけど同じものにしました。

というかこれははてなブログデザインの人気1位なんですね。

「Brooklyn」というもの。

 

 

 ブログデザインのカスタマイズ

 

ここからは「Brooklyn カスタマイズ」でググって、こちらの記事通りに少しずついじりました。

www.style-yry.com

 

まずブログタイトルの下に入っていた線を消したかったので、「グローバルナビ(ブログタイトルの下にあるメニューバー)の色変更」という項目を行った。

色のところをすべてtransparentにすると線が消えた。これで正しかったのかは分からないが、とにかく消えたのでよしとした。いわゆるグローバルナビというものは(とりあえず)置く予定はないので、これでいい。

 

続いて「記事タイトルと記事本文の間にあるラインの色変更」。

これもtransparentにして消した。

 

記事タイトルの左上にある投稿年月日の色変更」。

黒よりもう少し控えめな存在かんにしたかったので灰色に変更した。

 

フッダー(サイト最下部)の色変更」。

これもねずみということで灰色に変更した。

 

それからタイトルを中央にもってきたかったのでググって出てきたこちらの記事、「タイトル名の文字の色変更、中央寄せ」をそのまま行った。

design.syofuso.com

 

 

記事タイトルデザイン

 

最後に、記事タイトルのデザインを変えたかったので、下の記事を参考にした。

www.north-geek.com

タイトルの「ふい字」に合わせてのんびりした感じでいきたかったので、「手書き風枠線」に。

以上でデザインCSSでいじるところは終わった。

 

 

サイドバーのプロフィール欄

 

右の「welcome !」ってなっているところ。こちらの記事を参考に設定した。

www.tsurezure-english.com

 

ブログタイトルの画像もうまいこと設定しようかとも思ったのですが、上記プロフィール欄にねずみ君がわりとしっかり出せるし、もういいやということになりました。

 

ちなみにねずみのイラストは自分で書いて下の記事のやり方で画像にしました。

www.zen-nezumi.com

 

それから下を参考に「よくある質問と答え」記事へのリンクを貼りました。

www.atumori.biz

 

 

あとは同じ要領でプライバシ―ポリシーとお問い合わせをサイドメニューに作ったり、サイドメニューの順番を並び替えたり、アイキャッチ画像を設定したりと、こまごまと一般的なことはありましたが、だいたいこれで完成しました。

 

 

一抹の不安、あるいは、Google先生への手紙

 

いま不安に思っていることを素直に書いておくと、グローバルナビ無しでGoogleアドセンスに通るのかということ。

それ以前にこんな適当なブログ適性無しということで落とされそうな気もしますが、それは置いておいて、調べてみた限りどうも審査を通るためにはグローバルナビがいりそうなんですよね。

 

でもこのブログなんてわりとシンプルな作りだし、なくたって見る人にそれほど不親切な形にはならないような気がするんだけどなぁ。

また適当な時期に、一度グローバルナビ無しで申請してみようと思っています。

 

Google先生、ここは一つ形にとらわれない禅マインドで見ていただけませんかね。こんな余計なことを書いたら、嫌われてしまうんでしょうか。まるで恋文でもしたためる気になってきました。

でも、のんびりしながらも、真心こめてエントリーを書いているんですもの。