手描きイラストとiPhoneだけで出来るLINEスタンプの作り方

に立つブログを作ろうなんてこれっぽっちも思っていませんが、LINEスタンプの簡単な作り方を書きます。

とは言っても全く売れなかったわけですから、やはり役立つ情報にはならないのです。安心してください。

でも楽しいよ。慣れれば1つのスタンプを作るのに5分とかからないかもしれません。

出てくるアプリも全て無料、コストもかかりません。

以下、手順。

 

作り方

① 紙に黒線で絵をかき、撮影します。

f:id:zen-nezumi:20170803213625j:image

何かぼやけてるけどまあいいです。

 

②アプリ「Adobe Draw」(左)と「Adobe Capture」(右)をダウンロードします

f:id:zen-nezumi:20170803213815j:image

iPhoneを使っているのでAndroid版があるかは知りませんが、たぶんあるでしょう。

  

③Adobe Drawを起動。画面右下の+マークを押してください。下の画面が出るので、Squareというフォーマットを選びます。 

f:id:zen-nezumi:20170803214427j:image

でも別に Square以外のフォーマットでもいいんだと思います。

 

④ここは少し説明が長くなります(実際の作業にかかる時間はわずかです)。

Adobe Drawに、イラストをデジタル化して取り込む作業です。

矢印の場所を押していきます。

f:id:zen-nezumi:20170803214941p:image

 

f:id:zen-nezumi:20170803215128p:image

 

するとAdobe Captureが呼び出されて起動します。

下のようにカメラ撮影のモードで起動してくるはずです(これは椅子の脚が写っているところ)。

そうならなかったらもう一度やり直してみてください。

 

f:id:zen-nezumi:20170803231319p:image

 

Adobe Captureは、撮影写真を黒線で描かれたデジタル画に変換してくれるアプリなんです。

これって当たり前のことなんでしょうか?  

私はこのアプリを知ったとき心底感動しました。

Adobeってすごい!  本当にすごいよ。

以下、続きの手順。

 

f:id:zen-nezumi:20170803231325p:image 

右下に撮影済みのねずみが顔を出しています。これを押してカメラロールを選択、画像を選びます。

まあ実際には、ここでねずみのイラストを撮影してもよいわけです。

 

f:id:zen-nezumi:20170803231331p:image 

すると上の画面になります。

青丸の上のスライドで、キャプチャーの濃さが選べます。

薄くキャプチャーするか、濃くキャプチャーするか。

特に問題なければ青丸を押してください。

 

f:id:zen-nezumi:20170804212749p:image

次の画面で、キャプチャーしない部分を消したりできます。

余計なものが入っているときなどに、それをタップするとキャプチャーから外せます(画面上では薄くなります)。

特に問題なければ右上の「次へ」を選びます。

 

 f:id:zen-nezumi:20170804213133p:image

次の画面で、線をスムーズにするかを選べます。

画面下のスムーズon/offで切り替えられます。

問題なければ、一番上のオレンジの帯部分をタップ。これでAdobe Drawに戻ってきます。

 

f:id:zen-nezumi:20170804213341p:image

このようにイラストが薄く表示されてきますので、イラスト上でダブルタップ。

これは線を何色にするかを選ぶステップです。

デフォルトなら色が黒になります。

そしてイラスト下の✖️を押すと、下のようになります。

これで、手書きイラストをデジタル化することができました!

f:id:zen-nezumi:20170804213849p:image

 

⑤ここからは、線をかいたり色をつけたりといった、よくあるイラストの過程です。

左に並んでいる棒はペンや筆の種類。

一番下のが消しゴムです。

私は普通に一番上のを選んでいます。

f:id:zen-nezumi:20170804213749p:image

ペンを選ぶと◯が3つ出てきます。

1番上の◯を押したまま上下にスライドすることで、太さを変えられます。

上から3つ目が色です。

一見気づきにくいのですが、塗りつぶしは、長押しで出来ます!

あとは以下の順に押して保存が完了です。

f:id:zen-nezumi:20170804214542p:image

 

f:id:zen-nezumi:20170804214545p:image

 

f:id:zen-nezumi:20170804214624p:image

 

⑥次のステップです。アプリ「superimpose studio」をインストールします。

↓こんなの。

 f:id:zen-nezumi:20170807071051j:image

これは画像の背景を透過処理、透明にしてくれるアプリです。

これをきっちりやらないとLINEの審査に通らないようです。

以下の通りに進めてください。

f:id:zen-nezumi:20170804215719p:image

 

f:id:zen-nezumi:20170804215758p:image

カメラロールから読み込む画像を選択します。 

 

f:id:zen-nezumi:20170804215910p:image

↑こんな感じで出てくるので、選択カーソルをイラストの大きさにまで狭めます。

でもこれはしなくてもいいのかも。よく分かりません。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220054p:image

右上の完了を押す。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220255p:image

イラストをタップしてください。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220142p:image

すると下にハサミが出てくるので、ハサミを押す。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220347p:image

次にこれを押す。スポイトみたいなやつ。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220909p:image

カーソルが赤くなります。透過処理をする箇所を選びます。

赤カーソルを押したまま動かして、指を離すと、カーソル十字の箇所が透過処理されます。このねずみの場合は背景が全部透過処理されて出来上がりです。

 

ただ文字などがある場合は、「の」や「る」などの囲われている部分も忘れないように透過処理してください。

同じように、その他細かな部分に透過処理忘れがないかチェックします。

これは次のLINEクリエーターズアプリでアップするときにも視認できます。

透過処理忘れがあると、わりとLINEの審査は厳しくて落とされます。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220434p:image

完了。

 

f:id:zen-nezumi:20170804220940p:image

保存で画像が完成しました。

 

⑦ここまでくれば最終ステップ、LINEのアプリ「LINE CREATORS STUDIO」に画像をアップするだけです。

f:id:zen-nezumi:20170804221216j:image

アプリを落としてインストール。

最初にユーザー登録が必要です。

あとは簡単。

最初の画面に「+スタンプを作ろう」というボタンがあるので押し 、スタンプ名を入れます。

 

f:id:zen-nezumi:20170804221635p:image

画面下の「+」を押し、カメラロールから画像を選択。

 

f:id:zen-nezumi:20170804221707p:image

透過処理されている部分は黒く表示されます。ここで透過処理忘れがあれば、⑥に戻ってやり直します。

 

f:id:zen-nezumi:20170804221748p:image

スタンプにする部分を指でなぞって囲います。ねずみを囲いました。

緑のチェックボタンを押して、完成!

 

f:id:zen-nezumi:20170804221846p:image

 できました! これがスタンプになります。

 

その後の流れ 

 

このプロセスを繰り返してスタンプを作っていきます。

以前は42個スタンプを作らないと申請できなかったようですが、今は8個から申請できます。

数がそろえば、上記画面の右上「販売」を押して申請です。

値段設定は最安値から120円、240円、360円、480円、600円と選べます。

だいたい一週間ほどで結果がきます。LINE上とメールとで通知が届きます。

承認されればクリエーターズアプリにリリースボタンが出るので、リリースすれば即販売開始です。

 

売れるのか? 収益は?

 

 で、肝心な話、売れたのか?

売れました。1日1個が、3日くらい。

そのあとはひとっつも出ておりません。全部で4つ、売れました。

どんなスタンプだったかは載せませんが(ここで宣伝するほどのものでもないので)。

 

収益ですが、120円が1つ売れると、31円入ります。つまり私の売り上げは、124円。

ここからが悲しい話なのですが、売り上げは、1000円以上にならないと振り込んでもらえない。

そして振込手数料は、540円。LINE payでもらう形だと無料のようだけど。

要するに私は、1円たりとも貰えない。

 

売れないけど、何か不思議

 

まあ、分かってはいたんです。

星の数ほどあるスタンプ。スタンプショップのランキングにあがってくるはずもない。

検索機能もどうやらあるらしいけど目立たないし、使ってる人がどれくらいいるかも分からない。

そもそも人の目に触れないんですよね。

 

むしろ、私のスタンプを買ってくれた人は一体どうやって見つけてくれたのか、それこそが謎です。

新着一覧みたいなところにでもあがってきたのでしょうか。

LINEスタンプのそんな一覧をチェックしている人がいるのでしょうか。

そして、何と実際に120円を出して購入してくれた。

私にとってはそのことだけでも驚きでした。

 

しかも、細々とですがわりと使ってくれているのです。

LINEクリエーターズのページで使用数が見られます。もう全く1つも売れてないけど、買ってくれた人は使ってくれている。

私の描いたこんな絵を実際にLINEのやりとりで使っている人がいるのか……?!

もうね、それだけで不思議な感慨に打たれましたよ。

それだけで楽しいじゃないですか。

 

結論、楽しいよ。

 

そりゃもちろん、お金がたくさん入ったら嬉しいかもしれないし、それはちょっと確かに目的にはあるんだけど、そうじゃなくったって、何となく少し楽しいじゃないですか。

お金にならないから全部無意味とかいうんじゃなくてね。

 

そういう、何となくちょっと楽しいじゃない、っていうのを積み重ねることが、毎日を気分良く過ごすことなんじゃないかと思ってね、このLINEスタンプも一つのきっかけになって、ブログも始めてみたところはあるんですよ。