マスヲ様へのおさえきれない恋文。

www.move-wife.com 私はマスヲ様(id:move-wife)のブログを読者登録しており、もちろん大ファンなのでありまして、さらにこんなことは全くのnone of my businessであることは百も承知ながら、誠に不遜ながら眠い目をこすってこの余計なエントリーを書かずには…

ある行為が「意図的」かどうかについて

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫) 作者: 一ノ瀬正樹 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/07/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 少し前に上の本を読んだ。 因果論とか経験論とかは、自分にとってはあまりアクチュアルでないというか…

勉強は、筋トレだ。あるいは学校教育の保守性について。

anond.hatelabo.jp この記事を読みました。 まあ確かに、古文・漢文なんか実学としては必要ないですよね。 でも、それを言いだしたら学校の勉強なんか、社会に出てからの実用性とか実学という点でいえばほとんど全て不必要ですよね。 この増田記事へのコメン…

年初の目標

禅は今ここを生きよと言います。 人生は基本的には思い通りにならないし、難しいものだと思います。辛いものと言ってもいいかもしれない。 しかし、肯定できる瞬間もある。とても小さく短いものかもしれないけれども、幸せだなと思える「今ここ」も、たまに…

2017年に買ってよかったもの

年末になり、今年もはてなブログ等ネット記事に「今年の買ってよかったもの」があがる時期となりました。読んでいて発見もあるし、楽しくてこういう記事は好きです。 翻って自分は何を買っただろう、と考えたら、そんなに言うほど目新しいものは買ってないん…

不満足なソクラテス

満足な豚であるより、不満足なソクラテスであるほうが良い、という言葉があります。 正確にはイギリスの功利主義者ミルが言ったことで、満足な豚であるより不満足な人間であるほうがよく、満足な愚者であるより不満足なソクラテス(賢者)であるほうがよい、…