東浩紀さんが良い。

ゆるく考える 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 東浩紀さんの「ゆるく考える」を読んだ。 すごくよかった。それでこのエントリーを書いている。 東浩紀さんについては、私は「存…

人に感謝されたい気持ち

他人に対するフラストレーションで大きいと思うもののもう1つは、自分に感謝してほしいという思いだ。 これも我執の1つだ。 自分はこれをやったんだ、これだけやってやってる、感謝されて当然だ、感謝されるべきだ、そう思っているのに、思ったように感謝…

人によく思われること

人によく思われたいという気持ち 人に感謝されたいという気持ち この二つを捨てるだけで、ずいぶんすっきりすると思う。 だいたい、人に対するストレスというのはこの2つからきているように思う。 それにプラスして、人に勝手に期待することを捨てればさら…

目的から離れるということ

というタイトルでもう一つ記事を書くつもりだったのが、少し時間があくうちに何を書くつもりだったのか忘れてしまった。 そう、目的を忘れてしまったのである。 何と素敵な気持ちだろう。 この調子で、このブログもどんどん目的のないブログになっていきたい…

意味から離れるということ

意味から離れるとはどういうことか。 怒りを例に考えてみたい。 怒りは、自分が他人に持っても、他人から持たれてもとても不愉快な感情なので、好都合な例になる。 他人が自分に向けてくる怒りについて考えてみる。 意味から離れるとは、意味を脱落させてし…

意味や目的のないブログ

メタファーとしてのブログ、などという訳のわからないことを書く利点は、意味から離れられるということにある。 文章を書く時には、できるだけ意味なんかないほうがいい。 意味なんか考えないほうがよく書ける。 少なくとも、そういう時はある。 このような…